認知症の症状を引き起こしてしまう病気とは

認知症を引き起こす病気

認知症を引き起こす病気は様々です。
このページから原因となる病気の種類をお伝えします。

認知症の症状を引き起こしてしまう病気とは記事一覧

アルツハイマー病とは

もっとも、認知症の原因となりやすい病気なのが「アルツハイマー病」です。認知症全体の約6割が、アルツハイマー病が原因です。男性より、女性がアルツハイマー病にかかりやすい、という傾向があるとされています。65歳以上から、発症の確率が高くなります。老化によって脳の機能が低下すると、「アミロイドβ(ベータ)...

≫続きを読む

 

アルツハイマー病の症状

アルツハイマー病にかかると、認知機能が低下して、日常の生活に様々な不具合が生じます。そして、症状の進行具合によって、問題が大きくなっていきます。最初の頃は、物忘れが見られるようになります。自分で置いた物の行方がわからなくなってしまい、ずっと探していたりもします。まだ、それほど記憶障害が進んでいるわけ...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症とは

「脳血管性認知症」とは、アルツハイマー病に次いで、認知症と呼ばれる症状の割合を占める病気です。認知症を引き起こす病気の約2割が、脳血管性認知症です。60〜70歳代の男性が、この脳血管性認知症になりやすいとされています。脳内に脳梗塞や脳出血が起きやすくなり、脳内周辺の神経細胞の機能が損なわれてしまい、...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の症状

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血から引き起こされる認知症のひとつです。症状の特徴に、「問題がなさそうな部分(いつも通り)と、極端に問題が出る部分(障害)」というのがあらわれます。脳血管性認知症の原因である脳梗塞や脳出血の影響が、脳神経のどの部分に被害を与えているか、ということなのです。脳神経へのダメ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症とは、認知症の方たち全体の約一割ほどがかかっている認知症です。男性に多いとされています。レビー小体とは:レビー小体というのは、α(アルファ)シヌクレインという特殊なタンパク質の固まりのことです。αシヌクレインというタンパク質がなぜ生成されるのかは原因がわかっていません。”レビー小体...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の症状には、身体への影響、精神への影響があります。認知機能だけでなく、運動機能にも障害が発生するのです。思うように体の動作ができなくなります。レビー小体の脳幹部への付着が原因による、パーキンソン病です。動作がゆっくりに、そして小さく、という具合に日常生活の行動にも支障が出ます。筋肉...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知(ピック病)とは

前頭側頭型認知とは、脳内の前頭葉という部分と、側頭葉と呼ばれる部分が萎縮して発症してしまう認知症です。アルツハイマー病は海馬から影響が出始め、その後、脳内全体の乱れ、萎縮がはじまります。そのため、前頭側頭型認知症とアルツハイマー病は区別されています。アルツハイマー病は「アミロイドβタンパク」というタ...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症(ピック病)の症状

前頭側頭型認知症(ピック病)の症状には記憶障害もあるのですが、それよりも初期症状に「人格障害」が目につくようになります。性格が変わってしまったようになります。決まった言葉ばかりを口にするようになり、決まった食べ物を食べるだけといった単一の言動が目立つようにもなります。自発的な発言が少なるのですが、自...

≫続きを読む

 

慢性硬膜下血腫と認知症

慢性硬膜下血腫とは、外から頭部になにかしらの衝撃や、振動などを受けることで発生する疾患です。男性、60歳以上、お酒を飲む方、血液凝固阻止剤(血液が固まりにくいようにする薬)を常用する方に多いとされています。この慢性硬膜下血腫が、認知症と同じ症状を引き起こす原因になることがあります。頭部に受けた衝撃が...

≫続きを読む

 

仮性認知症とは

仮性認知症とは、仮性という名が付いている通りです。「本当の認知症」ではありません。”認知症に見える”のであって、認知症の病気にかかったわけではありません。主な原因は「うつ病」です。うつ病とは:大昔には「怠け病」といわれた病気です。あらゆることに関する意欲が低下してしまう精神疾患です。ストレスの蓄積が...

≫続きを読む

 

せん妄とは

せん妄とは、幻視や幻覚、その場には起きていないことを錯覚してしまう意識障害の状態です。居もしない人が来たと言ったり、思いがけない行動を取ったり、興奮状態に陥ってしまいます。ですが、これは認知症とは違います。せん妄というのは一時的に脳の機能が低下している状態です。そのために意識障害が発生します。「一時...

≫続きを読む

 

若年性認知症とは

認知症は高齢の方だけに見られる症状ではありません。認知症というのは、60〜80歳代からなにかしらの原因で脳の萎縮が始まり、認知機能を低下してしまうことが多いのですが・・・まれに40〜50歳代の若い人にも認知症が確認されることがあるのです。高齢期前に認知症の症状が出てしまう方を「若年性認知症」と呼ばれ...

≫続きを読む

 

クロイツフェルトヤコブ病(海綿状脳症)とは

クロイツフェルトヤコブ病とは、100万人に0.9人の確率で発症するといわれる非常に希な病気です。プリオンというタンパク質が原因とされています。プリオンとは:あらゆる動物の体内で生成されている普通のタンパク質です。ですが、なんの役割があるのかわかっておらず、異常な性質に変化してクロイツフェルトヤコブ病...

≫続きを読む

 
「認知症予防で家族を守る」のトップページへ

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法