ほうれん草でアルツハイマー病予防

こちらからブックマークできます⇒

ほうれん草を食べると、アルツハイマー病の予防になる

 

野菜は、高齢期の記憶機能の維持に効果的です。機能低下の進行を遅らせることができます。野菜の中でも「ほうれん草」が、認知機能の低下する確率を下げるのに役立つとされています。脳細胞の損傷を避けて、修復するには、「抗酸化物質」の働きが必要だと考えられています。

 

抗酸化物質とは:
「活性酸素」という有害な要素が人間の体内で発生しています。この活性酸素を抑える働きが「抗酸化物質」です。主に野菜や果物などに含まれています。

 

活性酸素とは:
息を吸うことで体内に酸素を取り入れます。その酸素が体内で活性酸素というものに変化します。この活性酸素が老化や、様々な病気の原因にあるとされています。

 

活性酸素は私たちの敵(悪いもの)。抗酸化物質は私たちの味方(良いもの)です。そして、ほうれん草には抗酸化物質のひとつである「グルタチオン」という成分が含まれています。

 

グルタチオンとは:
有害物質を抑える働きがあり、強い解毒作用があります。抗酸化物質のひとつであり、美容や健康にも良いとされています。

 

ほうれん草のグルタチオン(抗酸化物質)が、アルツハイマー病の原因である「アミロイドβタンパク」を分解処理します。

 

アミロイドβタンパクが脳内で分解処理できずに溜まってしまうのが、アルツハイマー病の特徴です。ほうれん草の成分がアミロイドβタンパクを抑えて解毒することで、アルツハイマー型認知症を避けられるのです。

 

ほうれん草を調理するときの注意点ですが、「グルタチオンは熱に弱い」性質があります。熱処理を加えないで食す必要があります。

 

市販で「サラダほうれん草」という品質改良された「水洗いで食べられるほうれん草」があるので、そのほうれん草を使って食事をすることをおすすめします。

 

継続することで初めて効果があります。積極的に取り組まないと効果がないのでお気をつけください。ほうれん草でアルツハイマー病の予防になる、でした。是非、意識して生活に取り入れてください。

 

トップページへ戻る

 
スポンサードリンク

こちらの関連ページもどうぞ

よく噛んで食事をするだけで認知症を遠ざけます
食事のとき、食べ物をよく噛むことで認知症予防につながります。「噛む」という仕草が脳の血流を増やし、活性化になるのです。よく噛むことで満腹中枢を刺激し、余計なカロリー摂取を防ぐこともできます。まずは食べ物をよく噛むことから認知症予防がはじまります。
ナッツ類を食べて認知症予防
ナッツ類には、脳の記憶障害を防ぎ、認知症予防の効果があります。特にアーモンド、クルミは効果があったと確認されています。アーモンドの薄皮には「抗酸化物質」が含まれており、クルミには、脳細胞の酸化を食い止める働きがあります。
脂の多い魚を食べて認知症予防
魚を食べることで、認知症の予防とすることができます。魚を食べない人より、週に数回食べる人は、認知症にかかる確率を下げることができます。毎日魚を食べる人はさらに認知症の発症率が低下します。魚が認知症予防の助けになるのです。
ごまの成分が認知症予防になる
ごまにはたくさんの種類のポリフェノールが含まれています。ビタミンEも含まれていて抗酸化作用を果たしてくれます。昔から健康に良いとされている食品です。認知症予防のために、普段の生活からごまを食べてください。
チョコレートのカカオポリフェノールが認知症予防になります
チョコレートに含まれている成分、カカオポリフェノールが活性酸素を抑え、健康維持、認知症予防に役立ちます。特に、カカオの割合が多い甘くない「ダークチョコレート」はおすすめです。高血圧や糖尿病を防ぐ効果もあります。
アルツハイマー病予防のために、卵からコリンを摂取する
卵には、コリンというアミノ酸の一種が含まれています。このコリンという成分が脳機能維持のために、優れた効果を発揮します。コリンが不足すると脳機能低下につながります。アルツハイマー病予防のために、卵を食べてください。
EXVオリーブオイルで認知症予防
エキストラヴァージンオリーブオイルを料理に使用してください。認知症予防になります。活性酸素を抑える抗酸化作用があり、さらにオレオカンタールという天然有機化合物がアルツハイマー病の原因となるオリゴマーを防いでくれます。
カレーが認知症予防になる食べ物です
カレーは認知症の予防になる成分が含まれている食べ物です。カレーにはウコン(ターメリック)が含まれています。そしてこのウコンの中には、記憶力低下を遅らせる効果があるクルクミンが豊富に入っています。クルクミンが認知症予防として活躍してくれるのです。
アルツハイマー予防にシナモンを使う
アルツハイマー型認知症の予防にシナモンが予防効果を持っています。シナモンには、アルツハイマーの原因となるタウタンパクを分解する働きがあるのです。さらに、インスリンの働きも良くなり、正常な糖代謝を促すこともできるのです。シナモンによって、糖尿病も防げるのです。糖尿病は認知症を招く要因です。

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法