カレーが認知症予防になる食べ物です

こちらからブックマークできます⇒

カレーの中に入っているウコンの力

カレーが認知症予防の効果がある食べ物として知られています。この効果は、カレーの中に含まれているウコン(ターメリック)によるものです。

 

黄色をしたカレーがウコンの入っている証になります。同じカレーでも、別の色をしたグリーンカレーやレッドカレーにはウコンが入ってなく、認知症予防として効果が無いことをはじめにお伝えしておきます。

 

ウコンにも様々な種類があるのですが、ほとんどのウコンには「クルクミン」というポリフェノールの一種が含まれており、このクルクミンが抗酸化作用としての働きがあり、認知症予防としての効果があります。

 

クルクミンには、アルツハイマー病を引き起こす「アミロイドβタンパク」の脳内蓄積を大きく減らしてくれます。

 

カレーを食べることで、アルツハイマー病の因子を取り除くことができるということです。その結果、認知症発症を先んじて予防することにつながります。また、アミロイドβタンパクが集まると脳内の神経細胞を破壊する「老人斑」が形成されてしまうのですが、クルクミンはこの老人斑までも分解してくれるのです。

 

アルツハイマー病の原因になるアミロイドβタンパクの蓄積阻止、そして老人斑ができるのを防いでくれる。ウコンの入った黄色いカレーが、アルツハイマー型認知症を撃退してくれます。

 

他にも、クルクミンにはがん予防効果や肥満予防効果があるので健康に良いです。肥満状態は脳にも悪いので、間接的な認知症予防としての役割も担ってくれます。

 

ウコンによる認知症予防効果は優れており、カレーを頻繁に食べるインドでは、圧倒的に認知症の発症確率が低いことも知られています。

 

是非、カレーを食べる機会を多くしてみてください。

 

回数が多ければ多いほどよいのですが、カレーだけの食生活は大変だと思いますし、飽きてしまうかもしれませんが、可能であれば週に2〜3食ほどご家族の方に用意してあげてください。

 

具材には抗酸化物質がたくさん含まれている野菜を使い、「野菜たっぷりカレー」にするのがなお良いです。

 

「カレーうどん」もおすすめです。味を変える方法のひとつですし、お米が食べづらいときにはうどんにカレーをかけて食べるのも美味しい食べ方です。

 

なお、ウコンに含まれるクルクミンは吸収率が悪いという側面もあります・・・。せっかくカレーを食べても効率的にクルクミンを取り入れられないかもしれません。ですがインドではカレーと一緒に豆を食べることが多いそうです。そして豆にはクルクミンの吸収を助ける「レシチン」という成分が含まれています。

 

「大豆カレー」とネット検索していただければ、たくさん大豆を使ったカレーの調理法が出てきますので参考にしてみてください。

 

あるいは「きなこ」をカレーにかけることをおすすめします。大豆で作られたきなこをカレーと一緒に食べることで、効率良くクルクミンを吸収できます。

 

カレーで認知症予防

黄色いカレーにはウコンが含まれており、ウコンの中にクルクミンという抗酸化物質がある
アルツハイマー病の因子を取り除く働きがある
クルクミンは吸収されづらいので、大豆食品と共に食べる
週に2〜3食以上

 

「カレーは苦手・・・」という方はそれほどいないと思います。いろいろな調理法があります。手を変え品を変え、ご家族の方にカレーを食べてもらってください。

 

トップページへ戻る

 
スポンサードリンク

こちらの関連ページもどうぞ

よく噛んで食事をするだけで認知症を遠ざけます
食事のとき、食べ物をよく噛むことで認知症予防につながります。「噛む」という仕草が脳の血流を増やし、活性化になるのです。よく噛むことで満腹中枢を刺激し、余計なカロリー摂取を防ぐこともできます。まずは食べ物をよく噛むことから認知症予防がはじまります。
ほうれん草でアルツハイマー病予防
ほうれん草がアルツハイマー病の予防に効果があります。野菜は記憶機能維持する効果があり、ほうれん草が認知機能の改善に役立つとされています。脳細胞の破壊を避け、修復する作用があるのです。抗酸化物質の影響とされています。
ナッツ類を食べて認知症予防
ナッツ類には、脳の記憶障害を防ぎ、認知症予防の効果があります。特にアーモンド、クルミは効果があったと確認されています。アーモンドの薄皮には「抗酸化物質」が含まれており、クルミには、脳細胞の酸化を食い止める働きがあります。
脂の多い魚を食べて認知症予防
魚を食べることで、認知症の予防とすることができます。魚を食べない人より、週に数回食べる人は、認知症にかかる確率を下げることができます。毎日魚を食べる人はさらに認知症の発症率が低下します。魚が認知症予防の助けになるのです。
ごまの成分が認知症予防になる
ごまにはたくさんの種類のポリフェノールが含まれています。ビタミンEも含まれていて抗酸化作用を果たしてくれます。昔から健康に良いとされている食品です。認知症予防のために、普段の生活からごまを食べてください。
チョコレートのカカオポリフェノールが認知症予防になります
チョコレートに含まれている成分、カカオポリフェノールが活性酸素を抑え、健康維持、認知症予防に役立ちます。特に、カカオの割合が多い甘くない「ダークチョコレート」はおすすめです。高血圧や糖尿病を防ぐ効果もあります。
アルツハイマー病予防のために、卵からコリンを摂取する
卵には、コリンというアミノ酸の一種が含まれています。このコリンという成分が脳機能維持のために、優れた効果を発揮します。コリンが不足すると脳機能低下につながります。アルツハイマー病予防のために、卵を食べてください。
EXVオリーブオイルで認知症予防
エキストラヴァージンオリーブオイルを料理に使用してください。認知症予防になります。活性酸素を抑える抗酸化作用があり、さらにオレオカンタールという天然有機化合物がアルツハイマー病の原因となるオリゴマーを防いでくれます。
アルツハイマー予防にシナモンを使う
アルツハイマー型認知症の予防にシナモンが予防効果を持っています。シナモンには、アルツハイマーの原因となるタウタンパクを分解する働きがあるのです。さらに、インスリンの働きも良くなり、正常な糖代謝を促すこともできるのです。シナモンによって、糖尿病も防げるのです。糖尿病は認知症を招く要因です。

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法