頭を使って認知症を予防

頭を使って認知症を予防

頭を使う知的活動が認知症予防となります。脳も使わなくては衰えます。
新しい取り組みは脳にも刺激的です。頭を使っての認知症予防です。
是非ご覧ください。

頭を使って認知症を予防記事一覧

「認知予備力」という概念

認知症は歳を重ねるごとに、またこれまでの生活習慣も影響を及ぼし、脳が萎縮して脳細胞の数を減らして認知機能が低下して、そして認知症へと近づいていきます。脳が悪変していくことで、ゆっくりと物忘れなどの記憶力低下が見られるようになり、次第に自力での生活が不可能なほどに決定的な症状を引き起こしてしまいます。...

≫続きを読む

 

字を読んで認知症予防に取り組む

「字を読む」のは頭を使う知的活動です。知的な作業をすることで脳を鍛えられて認知機能低下を防ぐことができます。新聞や本、雑誌など、毎日読書のための時間を作り、字を読むことを習慣化すると認知症予防になります。新聞、本などから常に新しい情報を取り込むのは、あらゆる関心事を持ち続けれることになります。認知症...

≫続きを読む

 

文章能力を鍛えるとアルツハイマー病を予防できます

「文章を書く」というのは、知的活動になります。「なにを書こう?」「読んでいる人がわかりやすいように書こう」「論理的に組み立てて書かなくては・・・」というように、とても頭を使います。正しい漢字を書こうと形を思い出したり、調べたり。読んでくれている人のことを思い浮かべながら書いたり。文章を書いている間は...

≫続きを読む

 

ネット検索が脳に複雑な活動をさせます

インターネット検索が、認知症予防になります。インターネットは便利で、お手軽なものです。ですがプログラムが探している情報を勝手に提供してくれるわけではありません。ネット使用者が「自分の頭で考えて調べたい言葉を入力する」必要があります。この「自分の頭で〜」という手順が、脳を活性化させるポイントです。イン...

≫続きを読む

 

パズルをして遊んで認知症予防

「パズル」は非常に頭を使います。パズルを完成させる、クリアーする、という目的を達成するためには、「考える」ということをしなくてはいけません。論理的な思考を必要とし、「あーではない。こーでもない・・・」と目的達成のために頭の中で試行錯誤を繰り返すことになります。遊びながらも、とても「頭が疲れます」。こ...

≫続きを読む

 

人と人との対戦ゲームで認知症予防をする

相手がいて成り立つゲームをすることで認知症の予防になります。将棋やチェス、オセロや麻雀など、誰かとワイワイ盛り上がりながら、楽しみながらゲームをすることで脳を活発に働かせることができます。勝負事というのは真剣になりやすいです。対戦ゲームは「勝つ」か「負ける」かの明確な結果がついてきます。そして負けた...

≫続きを読む

 

語学学習でアルツハイマー病予防

認知機能維持のために、語学学習が良い方法になります。「英語を学ぶ」「フランス語の勉強」といったことです。日本語以外の、別の国の言語を話せるようにする努力が認知症予防になります。ある調査で、ひとつの言語しか話せない人たちは認知症発症の平均年齢が71・4歳だったのに対し、2ヶ国語以上話せる人たちは平均年...

≫続きを読む

 

カレンダーを使って認知症予防

簡単にできて、面倒もない、認知症予防のための頭の体操が、カレンダーひとつあればすぐにできます。その方法は、”カレンダーに記されている数字を見ながら計算をする”という方法です。カレンダーの日にちを見ながら頭の中で暗算をするのです。足し算でも、引き算でも、なんでも自由にしてもらえればよいです。横一列の数...

≫続きを読む

 
「認知症予防で家族を守る」のトップページへ

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法