バランスボールを使って認知症予防運動

こちらからブックマークできます⇒

バランスボールを使って筋肉を鍛える

バランスボールを使った運動が認知症予防になります。

 

バランスボールはもともと病気の方や、怪我をした方がリハビリテーションを行うために開発された医療用具です。室内で気軽に運動できて手間もかからず、便利な道具です。

 

普段の生活ではなかなか使われない筋肉があります。しかしバランスボールを活用することで使用される機会が少ない筋肉を刺激することができます。バランスボールの上に座っているだけでも体の重心が不安定になり、不安定な体勢を安定にしようと体の内側の筋肉が働きます。

 

体の内側の筋肉は鍛えることが難しい部分です。闇雲に筋肉トレーニングをしても鍛えられない部分。その鍛えづらい内側の筋肉を、バランスボールを使用することで自然と鍛えられるのです。

 

体の内側の筋肉を鍛える目的は、

 

「姿勢を正す」

 

ために行います。姿勢が悪い姿は、高齢の方のひとつの特徴です。長年使われなかった内側の筋肉量が低下して、見た目、姿勢にあらわれるようになってしまうのです。

 

姿勢が悪い状態は「バランス力」がよくありません。ちょっとしたことでふらついてしまったり、転んでしまう危険性が高くなってしまいます。スムーズな筋肉運動ができなくなり、ぎこちない動作しかできなくなってしまう、ということです。ですが、バランスボールで筋肉を鍛えることで骨に近い部分、内側の筋肉量を増やし、姿勢を良くすることができます。

 

「体を支える」

 

そのために内側の筋肉を鍛える必要があるのです。

 

「動きたくないな・・・」と体を動かすことが億劫になってしまうのに「疲れるから」という理由があります。これも姿勢が悪くなってしまうことでくっついてくる問題です。体を支える筋肉が衰えるとちょっと動くだけで疲れやすくなってしまいます。そのため、余計に「運動」するのが嫌になってしまい、家に閉じ篭ってしまいがちになります。

 

不活発な生活を過ごすことになってしまい、身体機能が衰えていく一方になってしまいます。

 

身体機能低下によって「行動を起こす」機会自体が減っていき、何も考えずにボーっとする時間が長くなって、脳機能の低下にまでつながってしまいます。そしてアルツハイマー病の発症確率が高まります。

 

「筋肉が弱い人」は高齢になってから認知機能が低下しやすくなり、アルツハイマー病になりやすい、という調査結果もあります。体を支える筋肉が弱くなると衰弱を招く。それを避けるために「バランスボールで体の内側の筋肉を鍛える」という運動法が有効になります。

 

若々しい姿勢を保つことが、脳を若い状態に保つことにもつながります。

 

「いつまでも元気であること」

 

活発的で元気な人は、認知症の症状とは無縁の人生を過ごすことができます。認知症予防のために、バランスボールを活用してください。

 

バランスボールトレーニング法を動画で解説

 

こちらから「バランスボールによるトレーニング法」を行うのに役立つ動画をご紹介します。

 

簡単に行える方法なので、参考にして頂ければと思います。

 

バランスボールの基本姿勢

 

座って行うバランスボール運動の正しいやり方と、間違ったやり方が解説されています。

 

腹筋、背筋、そしてインナーマッスルに効く〜バランスボール運動例

 

内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛える取り組みやすいバランスボール運動法です。

 

スプリットスクワット・ウィズ・バランスボール

 

バランスボールを使ってのスクワット法です。

 

バランスボールをお持ちでなければ下記のリンクからご購入できます。

↓こちらからアマゾンのサイトでバランスボールの詳細をご覧ください
鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) ヨガボール 65cm ブルー IMC-32
特徴
・空気入れ付き
・直径65センチメートル
・重量0.95キログラム
・身長160〜175センチメートル、体重80キロ以下の方用

 

参考にして頂ければ幸いです。

 

いつまでも動ける体を維持するため、そして認知症予防のために「運動する」ということを習慣にしてください。バランスボールはそのために役に立つ道具です。

 

トップページへ戻る

 
スポンサードリンク

こちらの関連ページもどうぞ

どうして運動することが認知症予防になるのか?
運動をすることで、血圧やコレステロール値、血糖値などに良い影響があります。高血圧、脂質異常症、糖尿病を防ぐ効果があるのです。こういった病気が認知症にも関わってくるので、健康を保つための運動が認知症予防になります。
散歩で認知症予防
散歩程度の運動でも、認知症予防の効果はあります。散歩をするには外出しなくてはなりません。それもまた良いのです。毎日、家の中に閉じこもっていてはいけません。ウォーキングで気分を変えられます。
階段上りをして太ももを鍛え、転倒防止をする
寝たきりから、認知症になるのを避けるために、普段の生活から「階段」を利用することをおすすめします。太ももの筋肉を鍛えることで、転倒防止になります。転んだりすると頭に衝撃を受け、脳血管性認知症にもつながってしまいます。
認知症予防のために、目を閉じての片足立ちをする
平衡感覚が認知症とも関係あります。バランス感覚が悪い方は、アルツハイマー病の発症確率が高くなるのです。逆に、バランス感覚を高齢になっても維持できている人は、アルツハイマー病の進行が遅いことがわかっています。平衡感覚を鍛えることで、認知症予防になります。
握力を鍛えることが認知症予防に
筋力の低下がアルツハイマー病のリスクを高めます。ではどこの筋肉が弱くなると認知症になりやすくなるのか。それは「握力」です。握力低下がアルツハイマー病への確率を高めます。ですので、握力を鍛えることで、認知症予防になります。
認知症予防に、箸で豆をつまみ、移動するトレーニング
認知症予防のトレーニングとして、箸を使って小さな豆をつまみ、持ち上げて移動させる作業が予防法として効果があります。指先の運動が脳を刺激する働きになり、認知症予防効果が期待できます。利き手とは逆の手でも行ってください。
自転車を使って、認知症予防
自転車に乗って走ることは、立派な運動になります。そして認知症予防としての運動効果も十分にあります。ちょっとした用事で出かけるときは、車に乗るのではなく、自転車を活用してください。そういった生活習慣の差が認知症の対策になり、予防法にもなっています。
ラジオ体操で認知症予防
家の中でも認知症予防を目的とした運動をするとき、”ラジオ体操”も有効な方法になります。ラジオ体操は外に出なくてもできますし、椅子があれば座ったままでもでき、身体に負担をかけずに行うことができます。

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法