握力を鍛えることが認知症予防に

こちらからブックマークできます⇒

握力が衰えるとアルツハイマー病に・・・

筋力の低下が認知症のリスクを高めます。身体の総合筋力が高い人たちは、筋力が弱っている人たちと比較して、アルツハイマー病になる確率が61%も低かったそうです。

 

筋力低下は衰弱しやすくなり、認知症の危険性が高くなります。そして「どの部分の筋力が弱いとアルツハイマー病のリスクが高くなるか?」ということを調査した結果、

 

「握力の低下」

 

がアルツハイマー病発症を高める調査結果が出ました。一年という短期間で握力が450グラム減った人は、五年かけてゆっくりと450グラム握力低下していった人と比較して、アルツハイマー病になる確率が9%高かったそうです。

 

これは無視できない傾向です。

 

ですが、なぜ握力低下が認知症につながってしまうのかはわかっていません。しかしその道の権威ある人たちが行った調査結果は有益な情報です。注意しても損はありません。

 

人間は「舌」と「手」に「神経細胞」がたくさん集まっています。

 

神経細胞とは:
脳が取り入れた情報を他の細胞に伝える働きと、情報の処理を行う細胞です。神経細胞のおかげで記憶の想起ができます。

 

「ただ目で文字を読むより、書いて手を動かした方がより神経細胞を使い、記憶として定着しやすい」

 

高齢になっても、力強い手を維持し続けることで、神経細胞も活発になっているかもしれません。精密な動きが可能な手をしっかりと使い込むことで、脳を活発にしてアルツハイマー病対策になる、と考えるのはけして理に反しているわけではないと思います。

 

人間は手でものに触れることで、「熱い」「冷たい」といった刺激に対して正確に知覚することができます。手は刺激を受け取りやすい部分。その刺激は脳に送られて、脳が物事を判断します。手は大事な体の一部です。

 

・握力の弱い人はアルツハイマー病になりやすい傾向がある

 

握力低下が認知症を引き寄せるなら、握力を鍛えていかなくてはいけません。

 

握力トレーニング

 

簡単で、手間がかからない方法は、

 

・お風呂の中で手をグー、パー、グー、パー、・・・と繰り返す

 

という方法です。お風呂の中の水圧を利用したトレーニングです。ただ空中で手を握って広げて・・・を繰り返すより抵抗力があるのでトレーニングになります。

 

コツはなるべく素早く行うことです。そのほうが手の筋肉に負荷をかけられます。

 

最初は10〜20回を2セットほどやってもらい、慣れてきたら回数、セット数、を増やしてもらうのが良いです。やってみるとなかなか手が疲れると思います。

 

「うちの家族はシャワー派だ」

 

という方はこちら。

 

・ゴムボールを握る

 

ゴムボールを、力を入れて握る→力を抜いてボールの反発で元の位置→力を入れて握る→力を抜いて・・・と、「ゴムボールを握る」を繰り返し行う方法です。

 

ゴムボールを用意しなくてはいけませんが、ご家族の方がお風呂嫌いの方であれば用意してあげてください。

 

・お風呂の中で手をグー、パー、グー、パー、・・・と繰り返す
・ゴムボールを握る

 

単純な方法ですが、簡単です。それが良いポイントです。あまりにも大変な方法ではやってもらえませんし、続けてもらうのは難しいです。

 

一番悪いのは「なにもしないこと」です。使われない筋肉は日々失っていきます。目的は認知症予防です。

 

握力低下がアルツハイマー病につながる。それを意識しておいてもらえれば十分です。

 

トップページへ戻る

 
スポンサードリンク

こちらの関連ページもどうぞ

どうして運動することが認知症予防になるのか?
運動をすることで、血圧やコレステロール値、血糖値などに良い影響があります。高血圧、脂質異常症、糖尿病を防ぐ効果があるのです。こういった病気が認知症にも関わってくるので、健康を保つための運動が認知症予防になります。
散歩で認知症予防
散歩程度の運動でも、認知症予防の効果はあります。散歩をするには外出しなくてはなりません。それもまた良いのです。毎日、家の中に閉じこもっていてはいけません。ウォーキングで気分を変えられます。
階段上りをして太ももを鍛え、転倒防止をする
寝たきりから、認知症になるのを避けるために、普段の生活から「階段」を利用することをおすすめします。太ももの筋肉を鍛えることで、転倒防止になります。転んだりすると頭に衝撃を受け、脳血管性認知症にもつながってしまいます。
認知症予防のために、目を閉じての片足立ちをする
平衡感覚が認知症とも関係あります。バランス感覚が悪い方は、アルツハイマー病の発症確率が高くなるのです。逆に、バランス感覚を高齢になっても維持できている人は、アルツハイマー病の進行が遅いことがわかっています。平衡感覚を鍛えることで、認知症予防になります。
バランスボールを使って認知症予防運動
バランスボールを使った運動が認知症予防のための運動に役立ちます。バランスボールはもともとリハビリテーション用に開発された医療用具です。病気の方やケガを負った方に向けられて作られたものなのです。高齢の方にも家で出来る運動として便利です。
認知症予防に、箸で豆をつまみ、移動するトレーニング
認知症予防のトレーニングとして、箸を使って小さな豆をつまみ、持ち上げて移動させる作業が予防法として効果があります。指先の運動が脳を刺激する働きになり、認知症予防効果が期待できます。利き手とは逆の手でも行ってください。
自転車を使って、認知症予防
自転車に乗って走ることは、立派な運動になります。そして認知症予防としての運動効果も十分にあります。ちょっとした用事で出かけるときは、車に乗るのではなく、自転車を活用してください。そういった生活習慣の差が認知症の対策になり、予防法にもなっています。
ラジオ体操で認知症予防
家の中でも認知症予防を目的とした運動をするとき、”ラジオ体操”も有効な方法になります。ラジオ体操は外に出なくてもできますし、椅子があれば座ったままでもでき、身体に負担をかけずに行うことができます。

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法