認知症予防に、箸で豆をつまみ、移動するトレーニング

こちらからブックマークできます⇒

箸を使ったトレーニング

人間の手には多くの神経細胞が集まっています。神経細胞がたくさん集まっているため、手をよく動かすことが脳への刺激にもなるのです。複雑な作業であればより効果的になります。指を動かす作業が認知症予防になるのです。

 

そこで、簡単に行える認知症予防のトレーニングをお伝えします。用意するものは、

 

1.箸(普段使っているものでも、割り箸でも構いません)
2.豆(何個でも大丈夫です。一個でもできます)
3.皿2枚(小さなもので構いません)

 

どんなものでも構いません。今家にあるものからこの3つを用意してもらえればすぐに行えます。トレーニング自体も複雑なことをやるわけではありません。皿の上に豆をのせて、その豆を箸でつまんでもう一方の皿に移す、という指先を使うトレーニングです。

 

やることは単純な行為なのですが、小さな豆を箸でつまみ、落とさずに移動させる、という作業はなかなか難しいです。これはどうしても完璧に成功しなくてはいけないわけではありません。むしろ「難しい」と思いながら、ハードルが高いと感じながら行う方が良いです。

 

というのも、簡単にできてしまっては脳への刺激が少ないからです。

 

慣れてしまった行為、作業、行動などは、頭を使って考えなくても自然とできてしまいます。「体が覚えている」といった感覚で行えるものには脳は刺激を受けません。容易くできてしまってはただの単純作業です。トレーニングにはなりません。

 

ですので、あっさりとこのトレーニングをクリアしてしまう方には認知症予防としての効果が見込めないのですが、この細かな作業が上手く行えない方には、認知症予防のトレーニング効果はあります。

 

簡単にできてしまっては予防法にはならないので、上手くできなくてもストレスを感じず、楽しく行ってもらえればそれだけで十分です。

 

また、利き手ではない方の手でもこの「箸で豆を移動させる」トレーニングをしてください。神経細胞は利き手だけにあるわけではありません。苦手な方の手でもトレーニングをすることで、認知症予防としての効果が見込めます。

 

両手とも均等に使い、脳を刺激させてください。

 

「地味なトレーニングだな」

 

と思われると思いますが、指先に慣れない運動をさせることは効果的です。是非ご家族の方に行ってもらってください。1日5〜10分でもいいので行動してもらうことが大事です。細かなことも、塵と積もれば山になります。

 

トップページへ戻る

 
スポンサードリンク

こちらの関連ページもどうぞ

どうして運動することが認知症予防になるのか?
運動をすることで、血圧やコレステロール値、血糖値などに良い影響があります。高血圧、脂質異常症、糖尿病を防ぐ効果があるのです。こういった病気が認知症にも関わってくるので、健康を保つための運動が認知症予防になります。
散歩で認知症予防
散歩程度の運動でも、認知症予防の効果はあります。散歩をするには外出しなくてはなりません。それもまた良いのです。毎日、家の中に閉じこもっていてはいけません。ウォーキングで気分を変えられます。
階段上りをして太ももを鍛え、転倒防止をする
寝たきりから、認知症になるのを避けるために、普段の生活から「階段」を利用することをおすすめします。太ももの筋肉を鍛えることで、転倒防止になります。転んだりすると頭に衝撃を受け、脳血管性認知症にもつながってしまいます。
認知症予防のために、目を閉じての片足立ちをする
平衡感覚が認知症とも関係あります。バランス感覚が悪い方は、アルツハイマー病の発症確率が高くなるのです。逆に、バランス感覚を高齢になっても維持できている人は、アルツハイマー病の進行が遅いことがわかっています。平衡感覚を鍛えることで、認知症予防になります。
バランスボールを使って認知症予防運動
バランスボールを使った運動が認知症予防のための運動に役立ちます。バランスボールはもともとリハビリテーション用に開発された医療用具です。病気の方やケガを負った方に向けられて作られたものなのです。高齢の方にも家で出来る運動として便利です。
握力を鍛えることが認知症予防に
筋力の低下がアルツハイマー病のリスクを高めます。ではどこの筋肉が弱くなると認知症になりやすくなるのか。それは「握力」です。握力低下がアルツハイマー病への確率を高めます。ですので、握力を鍛えることで、認知症予防になります。
自転車を使って、認知症予防
自転車に乗って走ることは、立派な運動になります。そして認知症予防としての運動効果も十分にあります。ちょっとした用事で出かけるときは、車に乗るのではなく、自転車を活用してください。そういった生活習慣の差が認知症の対策になり、予防法にもなっています。
ラジオ体操で認知症予防
家の中でも認知症予防を目的とした運動をするとき、”ラジオ体操”も有効な方法になります。ラジオ体操は外に出なくてもできますし、椅子があれば座ったままでもでき、身体に負担をかけずに行うことができます。

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法