その他の認知症予防

その他の認知症予防

些細な習慣なども認知症予防のためとなります。
いつまでも若い頃にやっていたことを、老後も続ける必要があります。

その他の認知症予防記事一覧

身だしなみと認知症予防について

「いつまでも若々しくありたい」と思ったことはないでしょうか?老後を迎えても元気で、見た目も若くて、若い頃と同じようになんでもこなせる状態でありたいと。でも、現実は高齢になれば不自由が付きまといます。もちろん、絶対ではありません。いつまでも運動をする習慣を身につけていれば、寝たきりにならなくても済むよ...

≫続きを読む

 

認知症予防のために、笑ってストレスを追い払う

ストレスは健康に害を与え、様々な精神疾患を招きます。ある程度のストレスは人間には必要です。ほどよい緊張感を持つことが集中力を持続するために必要だったり、自分の本来持っている能力を高め引き出すためにも、ストレスは私たちにとって意味のある役割があります。しかし、長くストレスにさらされるとイライラしたりし...

≫続きを読む

 

認知症予防のために食事の後は歯磨きをする

健康な歯の持ち主は、認知症になる確率が低くなります。そのために、食事をする度に「歯磨き」することをおすすめします。歯と認知症の因果関係は、実際に調査されて結果が出ています。「歯周病を抱えている」「歯の本数が少ない」認知症予防のために、この2点の問題に気をつけていただきたいのです。歯に関する悩み、問題...

≫続きを読む

 

常に誰かとコミュニケーションすると認知症予防になる

人と人のつながりが、認知症を遠ざけてくれます。認知症の代名詞ともなっているアルツハイマー病は脳の構造が変化し、萎縮し、そして認知機能が低下します。物忘れなどの記憶障害が出てしまうのは脳内で「老人斑」や「神経原線維変化」などが起きるからです。そのためにアルツハイマー病、認知症の症状が発症します。ですが...

≫続きを読む

 

酢で血糖値を下げる

食品の酢の作用についてのページです。酢自体に直接認知症予防の効果があるわけではありません。酢を摂ることで記憶力が高まったり、脳細胞が活発になるわけではないのですが、間接的に認知症の予防になります。認知症は様々な病気が原因で引き起こされる確率が高いです。90歳、100歳と、長生きをしてもらった末の認知...

≫続きを読む

 

認知症予防のために、明るく生きがいを持って過ごす

あなたのご家族の方はどのような性格でしょうか?性格が意外にも認知症になりやすい、なりにくい、といった要素なのです。     Aのタイプ          Bのタイプ    ・すぐに機嫌を損ねる    ・のんびり屋    ・不安感が強い       ・社交的    ・心配性である       ・明るい...

≫続きを読む

 

嗅覚を刺激して認知症予防

嗅覚を刺激することが、認知症を予防する効果があるとされています。認知症といえば多くの人が、物忘れが真っ先に思い浮かぶ症状だと思いますが、アルツハイマー病では物忘れのような記憶障害よりも先に”嗅覚障害”が先に現れるのです。まずにおいが感じ取れなくなる、わからなくなる。その後に物忘れが起きます。そのため...

≫続きを読む

 

楽しく歌を歌うことが、認知症の予防になる

歌を歌う、ということが認知症予防としての効果がある方法になります。何を歌えばよいのか、どこで歌えばよいのか、ルールはありません。”楽しんで歌う”ということがポイントです。歌を歌うことはストレスを発散させることができ、精神状態を安定させることにつながります。漠然とした不安だったりはっきりした理由がある...

≫続きを読む

 
「認知症予防で家族を守る」のトップページへ

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法