嗅覚を刺激して認知症予防

こちらからブックマークできます⇒

においを嗅ぐことで認知症予防に

嗅覚を刺激することが、認知症を予防する効果があるとされています。

 

認知症といえば多くの人が、物忘れが真っ先に思い浮かぶ症状だと思いますが、アルツハイマー病では物忘れのような記憶障害よりも先に”嗅覚障害”が先に現れるのです。

 

まずにおいが感じ取れなくなる、わからなくなる。その後に物忘れが起きます。そのために嗅覚が鈍くなってしまうのは、認知症の兆候を示している可能性があります。

 

においがわからなくなってしまうと、これまでは好んで食べていた食べ物などをまったく食べなくなってしまう、という方もおられるそうです。においが食欲を沸き立てていたけれど、においが感じ取れなくなってしまったために食べたいとも思わなくなってしまう。嗅覚に正常ではない異常が起きた場合、そういった生活での変化が起きることもあります。

 

どうして嗅覚障害が認知症と関わってくるのか。それは嗅覚と記憶には深いつながりがあるから、とされています。

 

脳のなかで様々な情動や自律神経の働きに関わっている器官の総称を”大脳辺縁系”といい、においという情報を感じ取る働きをしているのがその大脳辺縁系のなかにある部位、”嗅覚野”です。

 

この嗅覚野が、記憶を司る海馬とつながっている”嗅内野”という部位と非常に近い場所にあります。だからなんなのか?においを嗅ぐことで嗅覚野が刺激され、そしてその嗅覚野への刺激が海馬まで届いて記憶が想起される、ということです。

 

・香水のにおいから誰か特定の人のことを思い浮かべたり
・花のにおいを嗅いでどこかの場所に思いを馳せたり
・何かのにおいが不意に楽しい思い出や悲しい思い出などを呼び起こしたり

 

においがきっかけになって、記憶が蘇るのです。汗のにおいで自身の青春時代を思い出す人もいるでしょう。必ずしも嗅覚障害が認知症の始まりだとはなりませんが、においを嗅ぐことで脳に良い刺激を与えることになります。

 

嗅覚に異常を感じ、しかし物忘れが始まる前の段階であれば、嗅覚への刺激が認知症予防になるとされています。

 

人間の機能は使われなくなると衰えていく一方です。嗅覚のいう機能も使われなくなると働きが悪くなるということが考えられます。使わないと脳へ刺激を与える機会も減ってしまいます。においを嗅ぐことは脳を刺激する効果があり、その嗅覚が衰えてしまっては脳への刺激が少なくなって、認知症の危険が高まってしまいます。

 

ですので嗅覚を働かせる機会を増やして、脳に刺激を与えるきっかけにして、認知症予防としてみてください。お香やアロマテラピーのにおいが好きなら、是非試してみるのが良いです。ストレスを解消する役目などもありますし、穏やかな気分で日々を過ごすきっかけにもなるでしょう。

 

食事をするとき料理の香りも一緒に楽しむようにしたり、雨が降ってやんだ後に外に出て普段とは違う空気を鼻で感じ取ったりなど、

 

”意識して”

 

においに敏感になるのです。嗅覚をよく活用する生活を。それが脳に良い刺激を与えて認知症予防としての効果を果たします。

 

トップページへ戻る

 
スポンサードリンク

こちらの関連ページもどうぞ

身だしなみと認知症予防について
「いつまでも若々しくいたい」というのはだれもが思ってことあると思います。しかし、高齢になると、その気持ちもないがしろにしてしまいがちです。いざ老後を迎えると「いつまでも〜」という想いが無くなってしまうのです。
笑ってストレスを追い払う
ストレスは健康の大敵です。認知症の問題に向き合ったときも、ストレスというのは認知症予防のためにも無視できません。ストレスが発端で認知症につながることもあるのです。笑いのある生活でストレスを追い払わなくてはいけません。笑いは健康のために必要です。
食事の後は歯磨きをする
丁寧な歯磨き習慣が認知書の予防になります。歯の本数と認知症には関係があります。高齢になっても自前の歯を多く持ち続ける人は、歯の本数が少ない人より認知症にかかる確率が低いのです。「歯が多い人は認知症になりにく」のです。
常に誰かとコミュニケーションすると認知症予防になる
人付き合いが多い人は、認知症の症状が出ない傾向にあります。たとえ脳に構造の変化が起きたとしても、常にコミュニケーションを怠っていなかった人は活発なままでいられるのです。人と接することが認知症予防になっているのです。家族の方とは毎日コミュニケーションを取ってください。
酢で血糖値を下げる
酢に直接の認知症予防効果があるわけではありませんが、間接的には認知症の予防にもなります。認知症は様々な病気が原因になって引き起こされます。高血圧、糖尿病などがそうです。そして酢には、これらの病気予防効果があります。
認知症予防のために、明るく生きがいを持って過ごす
明るく元気に、そして生きがいを持って生活をすることで、自然と認知症の予防策になります。悩みやすい人は、そうでない人と比較してアルツハイマー病にかかる確率が2倍高くなってしまうそうです。ですが、充実した毎日を過ごしている人はアルツハイマー病にも耐えられます。
楽しく歌を歌うことが、認知症の予防になる
歌うことが、認知症予防として効果がある方法です。歌を歌うことで、血圧を下げる働きがあるということがその理由です。高血圧は認知症を招き寄せる原因にもなってしまいます。是非ご家族の方にカラオケなどで歌うきっかけを作ってもらってください。

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法