認知症予防になり、「活性酸素」を抑える「抗酸化物質」が含まれているもの

認知症予防になり、「活性酸素」を抑える「抗酸化物質」が含まれているもの

活性酸素は老化の原因になります。抗酸化物質が活性酸素の害を防いでくれます。

 

認知症予防になる食べ物

ほうれん草でアルツハイマー病予防
ほうれん草がアルツハイマー病の予防に効果があります。野菜は記憶機能維持する効果があり、ほうれん草が認知機能の改善に役立つとされています。脳細胞の破壊を避け、修復する作用があるのです。抗酸化物質の影響とされています。

 

ナッツ類を食べて認知症予防
ナッツ類には、脳の記憶障害を防ぎ、認知症予防の効果があります。特にアーモンド、クルミは効果があったと確認されています。アーモンドの薄皮には「抗酸化物質」が含まれており、クルミには、脳細胞の酸化を食い止める働きがあります。

 

脂の多い魚を食べて認知症予防
魚を食べることで、認知症の予防とすることができます。魚を食べない人より、週に数回食べる人は、認知症にかかる確率を下げることができます。毎日魚を食べる人はさらに認知症の発症率が低下します。魚が認知症予防の助けになるのです。

 

ごまの成分が認知症予防になる
ごまにはたくさんの種類のポリフェノールが含まれています。ビタミンEも含まれていて抗酸化作用を果たしてくれます。昔から健康に良いとされている食品です。認知症予防のために、普段の生活からごまを食べてください。

 

チョコレートのカカオポリフェノールが認知症予防になります
チョコレートに含まれている成分、カカオポリフェノールが活性酸素を抑え、健康維持、認知症予防に役立ちます。特に、カカオの割合が多い甘くない「ダークチョコレート」はおすすめです。高血圧や糖尿病を防ぐ効果もあります。

 

EXVオリーブオイルで認知症予防
エキストラヴァージンオリーブオイルを料理に使用してください。認知症予防になります。活性酸素を抑える抗酸化作用があり、さらにオレオカンタールという天然有機化合物がアルツハイマー病の原因となるオリゴマーを防いでくれます。

 

認知症予防になる飲み物

りんごジュースで記憶力向上
認知症予防のために、りんごを摂取するのは良いことです。りんごをジュースにすれば続けやすいです。りんごには脳内のアセチルコリンを作る働きがあります。このアセチルコリンが記憶力の向上に役立つのです。

 

コーヒーを飲んで認知症予防
コーヒーを飲むことで認知症の予防になります。コーヒーにはポリフェノール、カフェインという成分が含まれており、その成分が様々な病気や認知症を防ぐために役立ちます。神経細胞の減少による認知症の予防となります。

 

緑茶の力がアルツハイマー病の予防になります
緑茶には抗酸化作用があり、活性酸素を防ぐ効果があります。アルツハイマー病予防に役立ちます。アルツハイマー病の特徴である老人斑を減らす作用が緑茶にあるのです。朝、食事時には緑茶も一緒に用意してあげてください。なるべく飲む回数を多くするためです。

 

「赤ワインの認知症予防効果」のページへ
認知症の予防のために、赤ワインは効果があるお酒です。赤ワインに含まれるポリフェノールが優れた抗酸化作用を発揮します。アルツハイマー病対策として赤ワインを飲むのは良いことです。ただし、飲みすぎは逆効果になってアルツハイマー病発症の確率を引き上げてしまいます。

 

「毎日ココアを飲んで認知症予防」のページへ
ココアが認知症予防のための飲み物として優れた効果があります。チョコレートと同じようにココアもカカオを原料としています。カカオに含まれているポリフェノールが抗酸化作用になり、活性酸素による脳細胞の損傷を防いでくれます。その結果、認知症予防となります。

 

「認知症予防で家族を守る」のトップページへ

スポンサードリンク

 
トップページ 動画 注意すること 認知症予防法